上田城



上田城の歴史を訪ねる。
P1000238.JPG


本丸東虎口門(裏口より)
P1000242.JPG


真田石
P1000239.JPG


本丸跡
P1000248.JPG


上田城案内板
P1000250.JPG



真田神社
P1000240.JPG


真田神社
P1000244.JPG


上田城
通称 尼ヶ淵城 真田城

城郭構造 梯郭式平城

天守構造 不明

築城主 真田昌幸

築城年 1583年(天正11年)

主な城主 真田氏、仙石氏、松平氏

廃城年 1874年(明治7年)

遺構 櫓、石垣、土塁、堀

指定文化財 長野県宝(南櫓、北櫓、西櫓)

国の史跡

再建造物 門



上田城は、上田盆地の北部に位置し、千曲川の分流である尼ヶ淵に面していたので、

築城当初は「尼ヶ淵城」と呼ばれることもあった。北に太郎山、南に千曲川があり、

築城前は土豪小泉氏の古い城館が存在したと伝えられる。城の南側は千曲川に接し、

北側と西側に矢出沢川を引き込み総構えとし、唯一の攻め口である東側にも蛭沢川や

湿地帯などがある。

上田城は、甲斐武田氏の旧臣である真田昌幸により、1583年(天正11年)に築城

された平城である。真田昌幸が二度にわたる徳川軍の攻撃を撃退した上田合戦が

行われたことで有名。江戸時代には上田藩の藩庁が置かれ、真田氏が信濃国松代へ

転封された後は仙石氏が入城し、破却された上田城を現在のような姿に再建した。

仙石忠政により、再建された本丸の3棟の櫓(南櫓、北櫓、西櫓)など建物の外壁は

煤と柿渋で防水した板を用いた下見板張の黒い外観である。明治以降は、破却や城外

への移築が行われて城内には石垣と櫓が1棟残るのみであったが、昭和期に、移築

されていた本丸の櫓2棟が元の位置に復元され、平成期には櫓門や塀などが木造復元

されている。




日本の「城」巡りTOP










posted by oojijisun at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/201377731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。